恒例となりましたが、今年もNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)によるサンタ追跡プログラムが始まりました。サンタ追跡はこちらです。

NORADはアメリカとカナダによる二国合同の防衛組織で北米の空域を監視しています。毎年、クリスマスイブにはリアルタイムでサンタの追跡を行っています。もう50年目だそうです。すごいですね。

もともと、NORADは子供からの間違い電話でサンタの追跡を始めたそうですが、レーダーで確認したところ、本当にサンタの形跡があったそうで、それ以後、毎年サンタの追跡を行っています。

ウェブサイトによると、NORADはレーダーのほか、サテライト(47ヶ所)、サンタカム、ジェット戦闘機でサンタの追跡を行うとのことです。サテライトはミサイル防衛の装置で、赤外線感知器でミサイルの熱源を監視しますが、トナカイの鼻もこの装置で感知できるんだそうです。サンタカムはうまくすればサンタの映像を捕らえます。去年も「○○上空を飛行中のサンタ」のように、ほぼリアルタイムにサンタの映像が配信されました。今年も撮影できるといいですね。

何年か前からは日本語ページも作られ、現在は6ヶ国語でサイトが作られています。Akamaiの配信技術に期待しつつ、今年も楽しむつもりです。

エアプレイン R/C エアホースワン トイザらス限定品 icon