平成16年11月1日から施行された改正後の道路交通法により、走行中に携帯電話を手にして運転することに対して罰則規定が設けられました。これにより各社からハンズフリーを実現する機器が販売されています。

でも、これらの機器は本当に有効なのでしょうか?

確かに画面操作によるよそ見を防止したり、片手によるハンドルの誤操作は無くなるので、その点で事故の軽減に寄与することは間違いないでしょう。でも、電話越しの会話に夢中になってしまった場合はどうでしょう。ハンズフリーは、この場合の事故軽減にはあまり効果が無いように思います。

電話越しの会話では、車中での会話や無線(アマチュア無線や業務無線)での会話とは違った特徴があると思います。それは会話が運転者主導で行えない場面が多いという点です。

まず車中での会話を考えてみましょう。この場合、会話の参加者は同じ空間を共有しています。ですから、皆が運転者の状況を把握することができます。今まで相槌を打っていた運転者から突然相槌が無くなったら、今は運転に集中しなければいけない局面だと状況から判断することができます。運転者が会話に割り込んで「ちょっと待って」とか「ごめん、今聞いていなかった」と言っても特に失礼な感じはしません。安全第一を皆で共有しているからです。

次に無線を考えます。無線の場合、会話が相互に単方向である点がミソです。運転者が話す番だとします。話している最中に運転に集中しなければならない局面に来た時は、「ちょっと待ってください」と話すのをやめることができます。また、「ちょっと待ってください。大事なところです。・・・よっこいしょ・・・」と話す番を維持したまま一時的に運転に集中することも可能です。聞く番の場合、もともと無線は相槌を打つ必要がありませんので、大事な場面では聞くのを止めて容易に運転の集中に移行することができます。次に話す番になった時に聞いていなかった理由を一方的に述べることもできます。

これに対して電話の場合、運転者は常に会話に対して相槌を打つことが要求されています。常にリアルタイムで返答することも要求されています。これが、時に大きな問題を起こすと考えます。本来であれば運転に神経を集中させなければならない局面であっても、すんなりとそれを許してくれない雰囲気が電話にはあるのではないかと思うのです。

では、車中での携帯電話の会話を全面的に禁止してしまえばよいかと言えば、そうも思いません。ここまで一般生活に浸透している携帯電話は仕事の上でも重要な道具ですので、できれば安全に使用できる方向に持って行きたいと思います。

まずは、上記のような携帯電話による会話の特徴を広く知ってもらい、運転者と会話する場合は、運転者主導で会話が行われるような意識作りが必要ではないかと考えます。

最近では、電車の中で携帯電話を使って会話している人を見ることはほとんどありません。それがマナー違反という意識が浸透した結果だと思います。

運転中の携帯電話の使用においても、よそ見や片手によるミスばかりに注目せず、上に述べたような心理的な部分を考えるべきではないかと思います。


スキー場近辺の宿を探すなら「楽天トラベル」