清瀬市郷土博物館

清瀬市郷土博物館に行ってきました。周りは畑が豊富で、「NHK 小さな旅」のテーマ曲が流れてきそうな感じです。でも、この郷土博物館の建物はとても近代的な作りをしていました。

中に一歩入るとびっくり。そこには昔の農機具などが並べられていて、先人たちの文化に触れることができるようになっています。

清瀬市のホームページを見ると郷土博物館は次のように書かれています。確かにその通りです。

郷土博物館は、清瀬の先人が残した遺産に触れ文化と出会い、そして先人の営みを体験できる新しい型の博物館で、市民の皆さんの地域活動の場としてもご利用いただけます。

一角には伝承スタジオと呼ばれる、昔の土間のある家を再現したようなスペースがあり、ここで色々な体験もできるようです。私が訪れた時には機織りが行われていました。デザイン画を参考しながら模様をデザインしていく様子は、すばらしいものがありました。

ところで、並べられていた昔の農機具ですが、脱穀機や唐箕は小さい頃に田舎で放置されていたのを遊んだ記憶が鮮明に残っていたせいか、それほど古臭さを感じませんでした。なぜか、洗濯板も展示されていたんですが、それって今でも我が家にあるし・・・。もしかして、うちって古いんでしょうか・・・?




Click Here!