かっぱ寿司のしょうゆラーメン

かっぱ寿司といえばどの皿でも一皿税込み105円というまさに庶民にうれしい回転寿司です。もちろん、我が家もお世話になってます。

先日、久しぶりに出かけたところ何と麺類のメニューが追加されていました。私は知らなかったのですが、TVコマーシャルが流れているそうでこの麺類追加は既に有名らしいです。追加された麺類は3種類で、しょうゆラーメンと天ぷらそばと天ぷらうどんです。どれも税込み210円です。

この麺類メニューの注文はインターホンから行います。寿司の場合、インターホンから注文すると最後に「○○番の番号札でお流しします」となるのですが、麺類の時は「お持ちします」でした。これを聞いて寿司と一緒にレーンを流れてくるのではないことがわかったのでした。汁類を注文するとレーンを流れて来るのに麺類はなぜ流れないのでしょうか。きっと、容器の大きさが違う(見た目にはそれほど変わらない)ためか、麺がのびてしまわない配慮のためではないかと思います。

天ぷらうどんとしょうゆラーメンを食べてみました。天ぷらうどんはおいしくいただきましたが、しょうゆラーメンは△でした。よく遊園地や動物園の軽食コーナーで出てくるラーメンがありますが、あれだと思ってください。寿司屋のラーメンにこれ以上の味を期待してはいけないとは思うのですが、個人的には大好きな味ではありません。ただ、子供は「この味が良いんだ」と言っていたので、子供には受けるのかもしれません。最近の回転寿司を見ると客層として子連れの家族が多いので、まだ生ものを食べるには早すぎる小さい子供連れの家族にはこれら麺類メニューはうれしいのではないかと思います。

他の100円回転寿司との差別化を目的としているのでしょうが、寿司屋に麺類とはかっぱ寿司も大胆なことを思いつきましたね。でも、考えてみれば現在の我が家の行動範囲だけでも4種類の100円回転寿司があるのでした。

差別化の点から見て、システム的に成功しているのがくら寿司じゃないかと思います。インターホンが無く、注文はすべて目の前の液晶タッチパネルから行います。注文した品が流れてくると液晶画面で注文品の到着を知らせてもくれます。また、食べ終わったお皿はテーブルに設置された投入口に返却します。お皿を5枚投入するとルーレットが回り(色々なバージョンがあります)、当たると上からガチャガチャのおまけが出てくる仕組みになっています。店員さんは会計時にお皿を数える必要がなく、子供たちはガチャガチャをしたいがためにいつもより多く食べるのです。よく考えられたシステムだと思います。グラスの生ビールもセルフサービスで店内の自動販売機で購入するようになっています。また、あまり目に付かないところですごいと思わせるのにお皿にセットされたQRコードがあります。回転レーンの端っこに行って見るとよくわかるのですがが、作ってから一定期間たったお皿はこのQRコードでで識別され自動的にレーンから取り除かれています。工場の不良品選別ようです。さらに、後発組(だと思っているのですが)の利点は店舗構成にも出てきていると思います。店内に入るとわかりますが、カウンタ席は少なくテーブル席が多く作られています。ターゲットはやはり家族連れなのです。

思えば最初にお世話になった100円回転寿司はジャスコ相模原店内にあったかっぱ寿司でした。ここはテーブル席よりもカウンタ席のほうが多く、回転レーンの中で店員さんが寿司を握っていました。いや、握るというより機械から出てきたシャリにネタを乗せると言った方が正しいかもしれません。インターホンなどなく、注文は目の前の店員さんに向かって行います。初期の100円回転寿司でした。今、かっぱ寿司のサイトを拝見したところ、この店舗はなくなってしまったようです(もしかしたら、まったく別のかっぱ寿司だった可能性もあります)。

インターホンを初めて見たのはおたる寿司相模原アイワールド店でした。狭い店内でしたが、作っている人は壁の向うで見えない構造です。インターホンで注文するのが照れくさかった記憶があります。

その後、すしおんど相模原富士見店が出来て、会計呼び出しボタンの設置に感激しました。まだあまりインターホンでの注文が得意ではなかったので、インターホンを使って「会計お願いします」というのも照れくさく、ボタン一つで会計に来てくれるシステムに大喜びしたのでした。

その後しばらくシステム的に大きな変化はなかったのですが(私の周りに限定した話です)、突如あちこちに出てきたのが先ほどのくら寿司でした。自動化できるところは極力自動化し、さらに客層を考慮して娯楽的要素も加味したのでした。

このような状況では、各店が各様で差別化を図っていかなければいずれ飽和してしまうのは明らかです。かっぱ寿司の麺類もこの一環だと思うのですが、さて今後どのようなものが出てくるか、とても楽しみです。

ドライブスルー形式の寿司などおもしろいと思いますが、個人的には何よりもまず最初に会計時にクレジットカードを使えるようにして欲しいです。私の知る限りだと上の4つのお店のどこもクレジットカードを受け付けてくれないようです。