毎日がレビュー

埼玉県所沢市出身で東京都清瀬市在住の人間がどうでもよいことを書いてます。毎日毎日がおさらい、レビューです。トラックバック、コメント、リンクいずれも大歓迎。

2005年03月

コストコ(COSTCO WHOLESALE) 多摩境店

一度「COSTCO(コストコ ホールセール)」で触れていますが、久しぶりにCOSTCO多摩境店に出かけてきました。清瀬からだと買い物にしては少し遠いのですが、コストコ(COSTCO)であれば買い物半分に娯楽半分なので一概に遠いとも言えません。

せっかくのETCを使うために八王子バイパスを使用しました。八王子バイパスはETCの普及率が低いのか、かなりの台数の列の横をETCを使ってノンストップで通過できました。ETCで初めて優越感を感じてしまいました。相模原に住んでいた頃は八王子バイパスをよく利用していたので、これまでも回数券を買って、料金所では完全には止まらない程度のスピードで通過できていましたが、ETCには勝てません。ETC最強です。八王子バイパスでは追い越し車線側にETC専用レーンがあるのですが、それに気がつかない車が追い越し車線にはみ出ていたりすると若干のロスはあります。そういう車にプレッシャーをかけつつ専用レーンを通過するのはなかなか快感でした(タチ悪くてすみません)。

さて、八王子バイパスを通過すればコストコ(COSTCO)多摩境店はもうすぐです。今回は久しぶりの多摩境ですが、多摩境駅周辺は行くたびに新しい何かができていて本当に驚かされます。

続きを読む

ETC 割引制度のまとめ

ETCに懐疑的だった人間がETCを購入するに至った経緯は「ETC機器の検討、購入(オートバックス)、取付(EP-223A)」に書きましたが、一度購入してしまったら、あとは賢く活用するだけです。色々な情報を取捨選択して有意義にETCと付き合って行きたいと思っています。

ETCを使うことによるメリットは色々あると思いますが、やはり各種割引には興味があります。日本道路公団では既に実施している時間帯による割引3種類に加え、4月1日からは利用実績に応じた割引2種類が始まります。

本来、これら割引制度をよく理解して活用したいと思ってはいるのですが、なかなかこれら割引制度のルールが難しいのです。 ETC という機械だからこそできるような割引ルールで、わざとわかりにくくしてるんじゃないかと思うくらい複雑です。

それでも何らかの指針が欲しいと思い、自分なりに考えてみました。最初から結論となりますが、私は次のように行動するのが良いのではないかと思います(業務ではない一般人が普通車での利用を前提とします)。

続きを読む

スタッドレスから夏タイヤへ交換

タイヤ交換に使用した工具

スタッドレスタイヤ FALKEN EP-03購入」で購入したスタッドレスタイヤですが、もう雪も降らないと思うので夏タイヤに交換しました。

私がタイヤを買ったタイヤサービス中原さんでは、タイヤ購入のサービスとしてその後のシーズン毎のタイヤ交換を無料で行ってくれるそうですが、今の車になってからまだ一度も自分でタイヤを外したことが無かったので、今回は自分でやることにしました。

基本的には車載工具だけで交換できますが、さすがにレンチだけは車載の工具だと心もとないです。20年近く前に買って、もう10年以上使っていないんじゃないかと思うクロスレンチがあったはずなので探したのですが見つかりませんでした。しかたないので、ビッグサム東村山店で1,000円のものを購入しました。

続きを読む

「生きがいの創造 "生まれ変わりの科学"が人生を変える」

在米中に、ミテクルさんからブライアン・L. ワイス氏の「前世療法」という本をお借りして読んだ時は、その話の内容に驚き考えさせられたものですが、同時に、実際にどうなっているかはわからなくても、そういうフレームワークで現実を捉えて生きていくことは人生にとってもプラスではないかと考えていました。今回読んだ「生きがいの創造」は、まさにそういう観点で書かれた本です。

続きを読む

ビバホーム 埼玉大井店 再び

ビバホーム 埼玉大井店 休日のお昼頃の駐車場

ビバホーム 埼玉大井店 混んでました」で駐車場に入るまでにかなり苦労したビバホームでしたが、久しぶりに出かけてきました。前回は進むのに1時間以上かかったお店の前の道ですが、今回は30秒でした。

前回は川越街道側から入ってきたのですが、実は今回は所沢方面から進入するつもりでした。航空記念公園の方から車を走らせ、川角という交差点でビバホームの看板を発見。本当は右折するつもりでしたが、看板には「直進」と書かれていたので直進しました。そうしたら、その後の看板が無く(あったのかもしれませんが見落としたので)、まちがって川越方面に進んでしまっていました。あの看板には要注意かな。

まあ、それはともかく、10時30分頃にお店についた時には駐車場はガラガラでした。前の混雑状況が頭に残っていただけにちょっと拍子抜けしました。開店100日祭というイベント開催中だったのでもう少しは混雑しているかと思っていましたが、お昼の12時時点で駐車場の混雑状況は写真の通りでした。お店に近いところは一通り車が埋まっていますが、離れた所にはだいぶ余裕がありました。

続きを読む

ポケパークで使うEDY(エディ)カードの準備 My Sony Card

夏休みに愛知万博「愛・地球博」に行くことにしていますが、「愛知万博でリニモに乗りたい(本当は山梨実験線で超電導リニアに試乗したい)」で触れたようにポケモンのポケパークにも行くことにしています。主催者の目論見どおり、万博のついでにポケパークに寄ろうとしている人は少なからずいるようです。昨日3月18日オープンです。

このポケパーク、ポケモン大好きクラブでメインストリートの名称を募集したりと、一部ではだいぶ盛り上がりを見せていました。でも、私が興味を持っていたのは、パーク内のアトラクションの支払いがEDY(エディ)で行われる点です。パーク内でEDYカードの購入やチャージはできるようですが、現金そのものは使えないようです。

続きを読む

愛知万博 記念硬貨(2005年日本国際博覧会記念500円ニッケル黄銅貨幣)

愛知万博 記念硬貨の表 愛知万博 記念効果の裏

実家で愛知万博の記念硬貨を見せてもらいました。財務省の報道発表によると正式には「2005年日本国際博覧会記念500円ニッケル黄銅貨幣」と呼ぶようですが、私はこんな記念硬貨が発行されることすら知りませんでした。

実は、実家でこの記念硬貨を手に入れた父もそんなことは知らなかったそうです。たまたま引き換え開始の2月14日、近所の郵便局に営業開始前から行列ができていたのを見て、あとで郵便局の人に何なのかを聞いたところ、記念硬貨の引き換え日だったとのことです。「お一ついかがですか?」と促されるまま1つ交換してきたようです。

続きを読む

コイン式携帯電話急速充電器ハッピーチャージャー

コイン式携帯充電器ハッピーチャージャー

シェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル(Sheraton Grande Tokyo Bay)とトレジャーズ」で訪れたシェラトンで、有料の携帯電話充電器を見つけました。シェラトンという一流のホテルのロビーで、それまでは公衆電話が並べられていた一角です。もちろん、まだ公衆電話は残っていますが、数が減らされて、そこのこの充電器が2台ほど設置されていました。NTTはICカード式の公衆電話の廃止を発表していますが、何となく時代の流れを感じさせる光景でした。

続きを読む

シェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル(Sheraton Grande Tokyo Bay)とトレジャーズ

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ全景

結婚式に出席するため、舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル(Sheraton Grande Tokyo Bay)へ行って来ました。東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルで、一連のホテル郡の中にあります。

なんとなく、ドラマ「ホテル」のロケ地だったと思い込んでいたのですが、あれは近くのヒルトン東京ベイでした。

続きを読む

東京湾アクアライン 海ほたるPA ETC車限定社会実験料金で得した気分

海ほたるの展望デッキ

JAXA 勝浦宇宙通信所 見学」の続きです。

勝浦宇宙通信所で宇宙を少し身近に感じた後、車は帰路についたのですが、そのまま同じ道を帰ってしまうのではおもしろくありません。千葉県木更津市から神奈川県川崎市まで東京湾を横断する東京湾アクアラインを使うことにしました。この途中には有名な海上パーキングエリア、海ほたるPAがあります。もちろん、ここが目的地です。

ルートはカーナビに任せて、木更津北ICから高速道路に入りました。本来であれば木更津北ICから木更津金田までが550円、それに東京湾アクアラインの通行料3,000円がプラスされて、通行料の合計は3,550円となるはずですが、東京湾アクアラインの「ETC車限定社会実験料金」が適用されて2,870円となりました。これは、当初の実験期間が延長されて2005年の3月31日までETC車に限って東京湾アクアラインの通行料が割り引かれるというものです(社会実験という言葉には何となく違和感を覚えますが)。普通車の場合、3,000円の通行料が2,320円になります。同乗者の話だと、料金所のETCレーンを通過する時に2,870円と表示されたようです。私はといえば、バーが上がることだけを凝視していたため料金表示にまで目が回っていませんでした。それにしてもこの割引はなかなか得した気分です。どうせなら、もう一声、1,500円くらいまで値下げしてそれを恒常的に実施してくれたらいいんじゃないかと思います。

このおかげかどうかわかりませんが、東京湾アクアラインのETC利用率は50%近いようです(このPDF参照)。東京湾アクアラインをよく使う人はETCを使わないと損という構図ができているのでしょう。

1997年12月に東京湾アクアラインが開通した(もうそんな昔なの?)直後は、その通行料の高さが問題にされましたが、同時に海ほたるがいつも混雑していて入れないという現象が続きましたね。どうもそのイメージが強く残っていたせいか、道路がガラガラだったのにはびっくりしました。

続きを読む

JAXA 勝浦宇宙通信所 見学

勝浦宇宙通信所 展示室入り口

かつうら海中公園の勝浦海中展望塔と千葉県立中央博物館分館海の博物館」の続きです。

まずは、2月26日のH-Aロケット7号機の打ち上げ成功おめでとうございます。敬意を表してJAXA勝浦宇宙通信所に見学に行きました。

勝浦宇宙通信所は1968年2月に科学技術庁宇宙開発推進本部の「勝浦電波追跡所」として発足、宇宙開発事業団(NASDA)の設立とともにその一施設となりました。2003年10月1日、宇宙開発事業団(NASDA)と宇宙科学研究所(ISAS)と航空宇宙技術研究所(NAL)の3機関が統合し、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)となるのに伴い、現在はJAXAの施設となっています。

勝浦宇宙通信所は人工衛星の追跡と管制を行っています。大きなパラボラアンテナで人工衛星が所定の軌道を回っているか監視しデータを中央に送ることと、中央から送られてきた人工衛星に対する指示を実際に人工衛星に向けて送信することが主な業務です。

続きを読む

かつうら海中公園の勝浦海中展望塔と千葉県立中央博物館分館海の博物館

勝浦 海中展望塔 入り口

勝浦 ホテル三日月 アクアパレスでも遊ぶ」の続きです。

勝浦での2日目は、かつうら海中公園の勝浦海中展望塔へ行きました。水族館の水槽の魚を見るのではなく、実際の海中の魚をスキューバダイビングすることなく見ることのできる施設です。

勝浦ホテル三日月からだと車で5分ちょっとの所です。国道128号を少し走って海側に左折する感じです。カーナビに任せたら所々に道幅の狭いトンネルを通る道を紹介してくれましたが、鵜原駅手前まで進んでから左折したほうが広い道のようです(推測ですが)。

駐車場は後述する千葉県立中央博物館の分館である海の博物館の横にあります。2時間までで200円です。ここに車を停めてから実際の展望塔までは5分くらい歩きます。雪の予報が出ているくらいの日でしたから、冷たい強風が体に凍みました。

展望塔よりだいぶ手前に券売窓口があります。ここに行く前にはぜひ割引券を入手しておきましょう。あちこちのパンフレット置き場に置かれています。海中展望塔のホームページからもダウンロード可能です。割引券を使うことで10%の節約になります。

続きを読む

勝浦 ホテル三日月 アクアパレスでも遊ぶ

勝浦ホテル三日月の目の前の砂浜

勝浦といえば「かつうらビッグひな祭り」の続きです。

勝浦ではホテル三日月に泊まりました。昔よく「ホテルみか〜づ〜き〜」というCMソングを聞きましたが、あそこだと思います。そういえば、昔は他にもホテルニュー塩原とかホテルニュー岡部とか頭に残るCMソングを流していたホテルが多くありましたが、最近は見なくなりましたね。やはりホテルも流れは薄利多売ということでしょうか。

まあ、それはさておきホテル三日月ですが、大きなホテルです。13F建ての建物に客室177室を誇り、収容人数は1,000人です。館内の大浴場に加え駐車場棟の上には温泉(スパ)ドームアクアパレスがあります。水着着用のスパで、大きな流れるプールまであります。三日月グループは他にも千葉県内に木更津と小湊に大きなホテルがあるようです。

続きを読む

勝浦といえば「かつうらビッグひな祭り」

ビッグひな祭り メイン会場 市民会館

ETCデビューは北池袋」の続きです。

勝浦では「かつうらビッグひな祭り」を楽しんできました。市内各地に作られた会場に数多くのひな人形が飾られ、言葉どおり「ビッグ」なひな祭りでした。最近の住宅事情では自宅に5段飾りや7段飾りは難しいかと思いますが、ここ「ビッグひな祭り」会場ではさらなる桁違いの大きさに驚かされます。

「ビッグひな祭り」とは、なかなか印象的なユーモアのあるネーミングですが、元祖は徳島県の勝浦町です。あちらでは平成元年から始められ今年で17回目を迎えているそうです。

続きを読む

ETCデビューは北池袋

あずの里いちはら

ETC機器の検討、購入(オートバックス)、取付(EP-223A)でお話したETCのデビューの日がやってまいりました。勝浦に遊びに行く途中での利用です。やっぱり便利でした。でも、使ってみなければわからなかった不便な点もありました。

ETCを使うのであれば前払割引サービスを使わなければ損です。でも、使うには申し込んでから郵送でIDとパスワードをもらっておく必要があるので、ここで書いたように事前に申し込んでおいたのでした。これによって予想外に早くIDとパスワードは入手できていたのですが、実際にログインして50,000円の前払いをしたのはETCデビューの前の日の晩でした。前払いはいたって簡単でした。ログイン後、金額を指定して前払いを実行するだけです。

続きを読む

山田うどんの思い出

山田うどん」は現在では関東一円に低価格なうどん、そばの販売をチェーン展開しているお店です。私のように山田うどんと共に育った人間は何ら違和感を感じないのですが、初めて山田うどんの存在を知る人はまずそのネーミングにびっくりするようです。

確かに言われてみればどことなく朴とつな雰囲気の漂う名前です。よくよく考えれば(失礼ながら)「山田」という名前そのものにそういう雰囲気があるのかもしれませんが、「うどん」の持つイメージと相まって相乗効果をかもし出している気がします。

私は物心が付いた時にはすぐそばに山田うどんがありました。実家が山田うどんの本店のすぐ近くだったのです。カップヌードルの話で土曜日のお昼ごはんについて触れましたが、この山田うどんも土曜日のお昼によく利用させてもらってました。

今から25年以上前の話ですが、山田うどん本店の店舗はかなり質素な作りをしていました。テーブル席などはもちろん無く、Uの字のカウンタが2本だけありました。カウンタの奥には厨房があって、カウンタの外にお客、中に店員という、今の吉野家のようなスタイルでした。

続きを読む

機長の一万日 - コックピットの恐さと快感!

講談社「機長の一万日 - コックピットの恐さと快感!」(田口美貴夫著)を読みました。先日、同じ著者による「機長の三万フィート」を読みましたが、こちらよりも文章が堅苦しく感じられました。今回読んだ本は、何冊か本を書かれている著者の最初の1冊だからでしょうか。しかし、実際のフライトにまつわるエピソードは今回の「一万日」のほうがおもしろいです。

写真提供で協力があることからも、著者は職場である日本航空の許可を得てこれらの本を出版しているのでしょうが、もし無許可で出版していたら問題になるかもしれないような記述もあります。アメリカでは、ブログが元でフライトアテンダントが解雇されたりしていますが(この方です)、例えば、本書に掲載されている話で、天皇陛下のVIP補助機の操縦をしていた時に、もう用無しになったVIP用の機内食をこっそり食べた話などは無許可で掲載したら問題になりそうですよね。

全部おもしろいのですが、その中でも個人的になるほどと感じた話を3点ほど紹介します。

続きを読む

READING, PA 周辺のあるホテルでの出来事

Reading, PA 周辺のとあるホテル

男の買い物嫌いは万国共通?」や「アメリカにある塔(Pagoda)」で話題にした米国ペンシルバニア(PA)州Readingにあるホテルで、唯一泊まったことがあるのが、この写真にあるホテルです。実はどうしてもホテルの名前が思い出せません。

私が住んでいたニュージャージー(NJ)州BedminsterからReadingまでは車で片道2時間くらいです。普段であれは日帰りの範囲ですが、一度、Baltimore(ボルチモア)の水族館に遊びに行った帰りにReadingに寄ったことがありました。この時はReadingで1泊して周辺の観光を楽しんだのでした。

小さいながら、おしゃれなホテルでした。普通この手のホテルにはプールもあるのですが、このホテルは無かったように記憶しています。宿泊費は$100しなかったと思います。ちなみに、この値段はルームチャージですので、一人で泊まっても親子3人で泊まっても値段は変わりません。日本でもディズニーのAmbassadorホテルや、新しくできたパーム&ファウンテンテラスホテルなどでは1室の値段でチャージされますが、まだまだ一般的ではありませんね。この点は、アメリカのほうが家族向けにやさしいシステムだと思います。

実はこのホテルのチェックインでおもしろいことがありました。

続きを読む

デアゴスティーニ Xファイル DVDコレクション

Xファイル DVDコレクション

デアゴスティーニのパートワークですが、どうして創刊号の価格設定はこうも絶妙なのでしょう。「インサイド・ヒューマンボディ」、「ディズニー マジック イングリッシュ」に続いて「Xファイル DVDコレクション」も買ってしまいました。

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
Tobaと言います。あまり役に立たない情報を公開させていただいています。

ブログの枠組みを使用してはいますが、その日の出来事を書くことはまずありませんので、鮮度についてはあまり期待しないでください。

無線関連の記述は別館に多くあります。

Twitterはtoba966ですが、最近の軸足はFacebookです。

メールはこちらまで。お返事できない場合もありますがあらかじめご了承ください。

時々、サイト中の写真の利用についてお問い合わせをいただきます。基本的にはご連絡いただければ商用利用も含めてOKとしています(著作権は放棄しません)。残っていればオリジナルのファイルをお送りすることも可能です。まずはご連絡ください。
最近のコメント
アーカイブ
なんとなくの本