毎日がレビュー

埼玉県所沢市出身で東京都清瀬市在住の人間がどうでもよいことを書いてます。毎日毎日がおさらい、レビューです。トラックバック、コメント、リンクいずれも大歓迎。

2005年08月

ノリタケの森(ノリタケカンパニーリミテド)

ブログネタ
名古屋 に参加中!

ノリタケの森

名古屋滞在中の空き時間に「ノリタケの森」へ行ってきました。ノリタケとは世界的に有名な食器メーカーです。食器にはあまり興味がありませんが、名古屋出身の友人が就職先としてノリタケに行きたいと話していたのをよく覚えています。

最初にノリタケという言葉を聞いた時は、木梨憲武とイメージがダブってしまって美しい磁器が思い浮かばなかったのですが、歴史は古い企業でした。ちなみにノリタケは則武、地名です。

続きを読む

東京競馬場の子供の遊具

ブログネタ
競馬@全般 に参加中!

JRAのマスコット ターフィー サンリオ

サントリー武蔵野ビール工場見学が結構あっさり終わってしまったので、ほろ酔い気分でJRA東京競馬場へ行ってみました。武蔵野ビール工場からは歩いてすぐです。工場の正門を出たらJRの線路下をくぐる地下道に入ります。その後は府中街道を少し歩けば到着です。

私は普段、競馬はやりません。前回は6年前に連れて行ってもらったこれです。もちろん、東京競馬場へ行くのも初めてです。初めてなので勝手がわかりません。

西門というところから入ったのですが、突然、壁際に立っていた警備員らしき人が駆け寄ってきました。もしかして子供連れだと入れないって言われるのかもと思ったら、ターフィーとかいうマスコットの迷子札をくれました。冒頭の写真です。

このターフィーの絵の下にはサンリオ(SANRIO)のコピーライト表示がありました。サンリオのキャラクターなんですね。でも、サンリオショップとかサンリオピューロランドでは見たことが無い気がします・・・。

続きを読む

SUNTORY(サントリー) 武蔵野ビール工場見学 試飲は3杯まで

ブログネタ
ビール に参加中!

サントリー武蔵野ビール工場のモルツ

ユーミンが松任谷由実ではなく荒井由美だった頃の曲「中央フリーウェイ」で「左はビール工場」と歌ったサントリー(SUNTORY)の武蔵野ビール工場に見学に行ってきました。2日前に電話で予約しての参加ですが、空きがあれば予約が無くてもOKのようです。

行き方は武蔵野線の府中本町の駅から歩くか、南武線の分倍河原の駅からシャトルバスの利用が推奨されています。私は府中本町から徒歩を選択しました。東京競馬場の臨時改札口ではない普通の改札を出て、左にある階段またはエレベータで下に下ります。そして、そのまま線路沿いに左に歩いていくとすぐです。10分ちょっとです。線路沿いの道は車の通らない遊歩道になっているので安心して歩けます。

続きを読む

名古屋で食べた名古屋っぽいもの

ブログネタ
愛・地球博 に参加中!

名古屋駅ツインタワー

名古屋滞在中は可能であれば名古屋っぽいものを食べるようにしてみました。

まずは明治村の食堂で食べた「きしめん」。きしめんは結構あちこちで食べられるのでこれといって目新しい感想はありません。

次に、名古屋駅のエスカ(江ノ島エスカーではないです)という地下街で食べた「矢場とん」の味噌カツ。味噌カツでは有名なお店だそうです。味噌の濃い味付けがやみつきになりそうです。18時前に行ったのでほとんど並ばず入れましたが、出てきたら10人以上並んでいました。並んでいる人は地元の大学生風の人が多かった気がしますので、常連さんが多く並ぶんでしょうね。

続きを読む

iTunesで作ったCDがCDラジカセで聞けない(聴けない)

ブログネタ
*Apple関連* に参加中!

アメリカに遅れること2年ちょっと、日本でもiTunes Music Store(iTMS)のサービスが始まりました。普段はiPodと言わず携帯音楽プレーヤーなど使用しない私ですが、1曲150円という価格設定とCD-Rに音楽CDとして焼けるというシステムには感動しました。

ニュースによるとサービス開始後4日間で100万曲以上の購入があったそうです。私のように感動している人が大勢いるということでしょう。

さっそく2曲ほど購入し、音楽CDを作成してみました。ところが我が家のCDラジカセ(CFD-S22)では聞けなかったんです。SONY製のラジカセだから(笑)?

続きを読む

ポケパークと名古屋短期大学・桜花学園大学の万博イベント

ブログネタ
★愛・地球博★ に参加中!

観覧車から見たポケパーク (まだ空いてます)

名古屋ではもちろんポケパークに行きました。泊まった駅前モンブランホテルからは歩いて15分くらいでしょうか。名古屋駅の桜通口側を出てそれっぽい家族連れについて線路沿いの南下すればすぐです。

ポケパークがあるのは万博のささしまサテライト会場(デ・ラ・ファンタジア)というところです。万博との関係がどういう位置づけなのかいまいちわかりませんが、敷地内にはポケパーク以外にも色々なイベントがあります。東京では大盛況だった恐竜博2005もありました(空いているように見えましたが)。

続きを読む

名古屋駅 駅前モンブランホテルは便利でした

駅前モンブランホテルの玄関

愛知万博(愛・地球博)へ行った際は名古屋駅前の駅前モンブランホテルというホテルを利用しました。駅前というすばらしい立地の割にはお得な宿泊料が魅力です。

ネット上の掲示板サイトを見ると「狭い」という書き込みが多くあったので覚悟していましたが、実際に行ってみるとそれほど狭いという気はしませんでした。私が利用したのはツインの部屋ですが、ベッドとベッドをくっつけてしまうと大きなベッドが出来上がりますので、親子4人家族で寝てもいいんじゃないかというくらいでした。

続きを読む

24時間テレビ(日本テレビ系列) Edyで募金

日本テレビ系列で恒例の24時間テレビですが、今年も今週末(8/27〜8/28)に実施されるそうです。メインパーソナリティが草剛さんと香取慎吾さんということでおもしろい展開になるんじゃないかと期待しています。

24時間テレビといえば募金ですが、この募金といえば、子供たちがビンなどに小銭をいっぱいためて会場まで持ってくるというシーンがとても印象に残っています。最近もこういう形は残っているのでしょうか・・・。よくわかりませんが、去年からはEdyでも募金ができるようになったそうです。

私はポケパーク用にEdyを作ったのですが、その後、5ヶ月間Edyを使うことはありませんでした。結局EdyデビューはポケパークそのものになってしまったくらいEdyを使える環境とは縁遠い生活をしているようです。でも、せっかく作ったEdyですので、これを使って24時間テレビの募金をしてみることにしました。

続きを読む

万博(愛・地球博)の超電導リニア館と山梨実験線での試乗

超電導リニア館正面

愛知万博(愛・地球博)では念願であったJR東海超電導リニア館に行ってきました。インターネットでの事前予約があったのでその予約回の先頭で3Dシアターに入場すうることができましたが、ここは事前予約がなくてもそれほど並ばずに入ることができたようです。私が行った8/18は入場者1500万人を達成した記念すべき日でしたが、普通に並んでも待ち時間は20分くらいのようでした。

続きを読む

羽村市動物公園

羽村市動物公園の広場

週末は横田基地が日米友好祭で一般開放されていたので、こちらに足を運ぶつもりでいたのですが、かなりの暑さに断念。日陰も少ないアスファルトの上にずっといるのはつらいですから。

代わりに横田基地のすぐ近くにある羽村市動物公園に行ってきました。

続きを読む

名鉄で明治村に行くならびっくりクーポンで

名鉄特急車内には速度表示がありました

万博のついでに明治村に行ってきました。明治時代の建物が移築されている博物館です。高校の修学旅行で行ったことがありましたので20年近くぶりの再訪問となりました。

名古屋から名鉄で犬山まで行き、そこからバスということなので、名鉄名古屋駅で犬山までの540円切符を買ってホームに向かいました。とっていもどの電車に乗ればよいのかわからずホームの駅員さんに聞くと「次に来る特急に乗ると乗り換えも無く早い」と教えてくれました。それならばそうしようと特急電車を待っていると、さきほどの駅員さんが「特急の乗車には特急券が必要です」と放送してるじゃありませんか。どこで特急券を買えばいいのかわからずウロウロしていると特急電車が入ってきました。さきほどの駅員さんに「特急券は車内で買えるんですか」と聞くと、「切符は買えませんが、清算はできます」との答え。う〜ん、よく分からないです。しょうがないのでそのまま乗り込もうとすると、後ろから念押しするように先ほどの駅員さんが「指定席券は買えませんよ。指定席券は買えませんよ」と。結局、車内の車掌さんに特急料金の精算をして席につきましたが、1両に二人か三人しかお客さんは乗っていませんでした。はたして、名鉄の特急切符ってどういう仕組みなんでしょう。

さて、前置きが長くなりましたが、既にこのわけの分からないやりとりにびっくりさせられていたのに、さらに車内の広告にびっくりさせられました。それはびっくりクーポンの広告です。

続きを読む

アゲハの幼虫とカマキリ

アゲハの幼虫

庭には柑橘系の木があります。アゲハの幼虫とカイガラムシはすぐに付くので、気づくと手作業で駆除しているのですが、それでも見逃すことがあります。毎回毎回見逃してどんどん脱皮を繰り返えされてしまうと、いつしか色もこげ茶から緑色の、いかにもヨウチューって感じの幼虫になります。

上の写真の幼虫がそれです。ここまで大きくなると、見逃してやることにしています。よくここまで逃れてきたなあというのが率直な感想です。

あとはどんどん食べてさなぎになって、蝶への羽化のシーンを見せてもらおうと思うのですが、いつもタイミングが合わないんです。今回は何とかしてすばらしいシーンを見せてもらいたいと思っています。

ところが、この発見の翌日、いくら探してもこの幼虫がいないんです。

続きを読む

BBフォン光を少し使ってみての感想

BBフォン光も無事開通し、これで一通りADSLから光への移行が完了しました。思い立ってから今日までのまとめをしようと思ったのですが、その前にBBフォン光を使ってみての感想をちょっとだけ。BBフォンと使い勝手や品質に違いは無いのですが、それでも書いておいても良いかと思うことが見つかりました(移行のまとめは日を改めます)。

続きを読む

篠山公園は三角公園(所沢市上安松)

三角公園(篠山公園)

所沢の山田うどん本店のすぐ近く、上安松交差点から秋津方面に少し入ったところに篠山公園という小さな公園があります。綺麗に整備されていて大きく「篠山公園」と書かれた看板が立てられています。

でも、心の中では三角公園なのであります。

続きを読む

POPFileで迷惑メール(spam)対策

最近、spamいわゆる迷惑メールがすごいです。多い日は50通くらいは来ているんではないでしょうか。最近は、「清瀬」の地名を出したりしてかなり手の込んだメールが多く、作成するほうも大変だろうと、変な気遣いまでしてしまいます。

とはいえ、迷惑は迷惑です。手作業ですが、ほぼ機械的に一通一通削除しています。1日に50通くらいならば大したことでもないのでしょうが、そんな時に横から子供が割り込んでくることがあります。子供には不快な題名を見せたくはないですね。

ちょっと対策してみることにしました。

続きを読む

清瀬駅の近くで万博(愛・地球博)のモリゾーとキッコロ発見

キッコロ3兄弟

清瀬駅から歩いてすぐの畑でご存知キッコロを発見。先日、西友清瀬店で出会った時は、その日の夜の新幹線で名古屋に帰らないといけないと話していたはずだけど、もしかして清瀬の大自然が気に入ってしまいましたか・・・。いつの間にかキッコロ3兄弟になっちゃって・・・。

ところで、ちいさいお子様には不人気のおじいちゃんモリゾーはどこでしょう・・・?

続きを読む

お盆と精霊馬

精霊馬

今日13日は迎え盆。ちょうど夕方に所沢の商店街を通ったのですが、提灯を手に家族でご先祖様の霊を自宅までご案内する姿があちこちで見られました。

こんな高層ビルが林立している中を本当にたくさんの人たちが迎え火を焚いていました。

続きを読む

Yahoo! インターネット検定 デジカメエキスパート

ネットサーフィン(もう死語?)していたら、Yahoo! JAPANが実施するデジカメエキスパート認定試験の広告に出会いました。

今までもこのブログでPMP受験XMLマスター受験について書いてきましたが、つい興味を引かれてこのデジカメエキスパートも受験してしまいました。

続きを読む

夏のポケモンスタンプラリー

先月末、西国分寺駅で電車待ちをしている時に何気なく「JR東日本 ポケモン・スタンプラリー 2005」のビラを手にしました。JR東日本が毎年行っている恒例のスタンプラリーだそうで、スタンプ設置駅でポケモンキャラクタのスタンプを7つ集めてゴール駅に行くと、ポケモンレジャーシートがもらえるという仕組みです。

スタンプ設置駅の地図を見ると、私が通勤で使用しているJR駅でも途中下車を繰り返せばゴールに必要なスタンプが集まりそうです。「お父さん、会社の行き帰りにスタンプ集めてきてよ」なんていう子供も出てきそうですが、そこはさすがJRです。スタンプは朝の9時30分から午後の4時までしか設置されていないそうです。もちろん、JRは子供の行動時間を考えてこうしたのでしょうが、おかげで世の中のサラリーマンは子供たちからの不当な要求に応えなくて済んだのでありました。

続きを読む

清瀬市有形文化財 旧森田家住宅

清瀬市有形文化財 旧森田家

清瀬市には旧森田家という江戸時代中期から後期の建物が残っています。昭和59年まで市内野塩に存在した住宅というのが驚きです。その年に解体され、平成4年まで保存されていたそうですが、その後2年かけて移築復元されました。

下宿運動公園にあるというので、車でグルグルと周辺を回ったのですが、なかなか見つけることができませんでした。でも、何のことは無い、下宿市民プールのすぐ横にありました。 続きを読む

夏の超電導リニア試乗会

今年の夏はJR東海主催の超電導リニア試乗会が前半(8/4、5、6)と後半(8/25、26、27、31)に分けて行われています。こちらで書いているように、もちろん試乗会への申し込みはしていますが、少なくとも前半部へのお呼びはかかりませんでした。

前半部の当選者への連絡は7/30頃に行われるということで毎日、ワクワクしながらポストを覗いていたのですが、8/1の時点で連絡が無いことで期待は諦めに変わりました。

ブログ系の検索サイトで「リニア 試乗」などで調べると、7/29くらいから当選通知到着の喜びの声が聞こえて来ました。郵便事情で遅れる可能性もあるので、その後何日かは期待が継続しましたが、ブログでの当選通知の喜びの声が増えるに従って、日々期待が薄れていくのが悲しかったです。

当選の喜びの声を報告している方々はわざわざプラチナチケットを写真に撮って掲載されていたりして、「そこまでしなくてもいいだろう」と思いつつ(私が当選してもやるでしょうね・・・)、じっと見入ってしまう自分も悲しいです。

後半部の結果発表は8/15頃に行われます。また、何日かソワソワした日々を送らなければいけません。でも、後半部はかなり期待薄なんです。

続きを読む

成木川で川遊び

成木川

夏といえば水遊び。ということで、川越水上公園へ行ったり、野山北公園の武蔵村山市営プールを見てきたりしましたが、やっぱり究極は自然の水遊びでしょう。

何といっても「無料」ってのが魅力的です。

残念ながら我が家から海は遠いので、自然の水遊びといえば川遊びになります。近くに柳瀬川空堀川はありますが、ここはちょっとパス。確かに水質は綺麗になってはきていますが、昔の悪臭を放ってゴボゴボと白い泡を立てていた頃のドブ川のイメージが先行してしまうのです。

続きを読む

野山北公園 かたくりの湯 空堀川の源流

野山北公園

野山北公園へ行ってきました。こちらで紹介した空掘川の源流がある公園です。主に東京都武蔵村山市に属します。

行ったといっても近くに行ったついでに寄った程度です。 カーナビ に任せて狭山湖と多摩湖の間の道を抜けていくとすぐに到着しました。

まず目に飛び込んできたのが「村山温泉 かたくりの湯」です。源泉の温度は22.9度と低いようですが、天然泉です。結構、大勢の人が来ていました。武蔵村山市の施設のようですが、市民でなくても100円増しで利用できます。

続きを読む

BBフォン光(番号ポータビリティ)開通

Yahoo! BBのADSLから光への移行で最後の懸案となっていたBBフォンからBBフォン光への移行ですが、予告どおり8/2に無事工事が行われたようです。

BBフォン光の工事に必要だという導通試験から5週間弱、光回線の開通からだと6週間弱かかりました。この間はBBフォン光はもちろんのこと、BBフォンも使えず長い期間でした。いつ工事が行われるかすらわからず待たされるというのは、精神的にこたえました。

続きを読む

川越水上公園の駐車場

川越水上公園 スライダー

川越水上公園のプールに行ってきました。財団法人埼玉県公園緑地協会というところの管理なので、県営の公園でありプールなのでしょう。

そのため、入場料もお得です。大人630円に子供210円です。かといってプールの数や広さが他の民間プールより劣るわけではありません。普通のプールの他に流れるプール、波のプール、チビッコプール、幼児プール、飛び込みプール、それにスライダープールが2つもあります。プールとプールの間の敷地も広いので場所取りに苦労することもありません(もちろん、日陰エリアは早めに埋まります)。

西武園ゆうえんちにもプールがありますが、ここは波のプールと流れるプールしかありません。その上、敷地が狭いので場所取りには結構苦労します。西武園のプールは新聞屋さんがくれる無料入場券で行くというイメージがあるので文句は言えませんが、まともに料金を支払うと大人1,800円です。川越水上公園なら大人3人分です。

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
Tobaと言います。あまり役に立たない情報を公開させていただいています。

ブログの枠組みを使用してはいますが、その日の出来事を書くことはまずありませんので、鮮度についてはあまり期待しないでください。

無線関連の記述は別館に多くあります。

Twitterはtoba966ですが、最近の軸足はFacebookです。

メールはこちらまで。お返事できない場合もありますがあらかじめご了承ください。

時々、サイト中の写真の利用についてお問い合わせをいただきます。基本的にはご連絡いただければ商用利用も含めてOKとしています(著作権は放棄しません)。残っていればオリジナルのファイルをお送りすることも可能です。まずはご連絡ください。
最近のコメント
アーカイブ
なんとなくの本