毎日がレビュー

埼玉県所沢市出身で東京都清瀬市在住の人間がどうでもよいことを書いてます。毎日毎日がおさらい、レビューです。トラックバック、コメント、リンクいずれも大歓迎。

2012年07月

北京は電動バイクがいっぱい

北京市内は電動バイクいっぱい

 初めて北京に行って驚いたことの一つに電動バイクの多さがあります。見た目には日本のスクーターと同じものから、自転車にモーターを後付けしたようなものまでさまざま。

続きを読む

中央電視塔 (中国北京市)

中央電視塔遠景

 初めての場所に行くと私はまずは地図を片手に位置関係を把握することを始めます。何かあった時にまさに右も左もわからなくなるのは恥ずかしいから。歴史の戦を見ても、きちんと地形を把握することが重要です。北京ではこれまでこれが不十分だったので、高い所に登ってみることにしました。

 中央電視塔です。ガイドブックを見ると「中央広播電視塔」ともありますが、もらったパンフレットに従って中央電視塔としておきます。

続きを読む

北京のラジオストア知春電子城

知春電子城


 観光するつもりはなかったのですが、一日ホテルの中にいるのも退屈なので、知春電子城という店へ行ってみました。中関村と呼ばれる文教エリアにはこの電子城と呼ばれる秋葉原のようなお店がたくさんあります。今の秋葉原同様、こちらの電子城もパソコン関連のお店がメインのようです。ただ、パソコンには興味はありません。どうせなら、昔のラジオストアやラジオデパートのような場所が良いです。ということで、選んだのがここ知春電子城でした。


続きを読む

北京のCOCO壱番屋

北京の壱番屋


 北京市内に滞在中、ひょんなことからCOCO壱番屋を見つけたので入ってみました。


続きを読む

秋津ビアガーデン

秋津ビアガーデン

 秋津は有名なので日本全国の方がいらっしゃいます(笑)。今日は岩手県からお客様がいらっしゃったので秋津で飲み会です。いつものように居酒屋という選択肢もありましたが、この週末からサービスが始まったという秋津ビアガーデンに行ってきました。

 場所はJR新秋津駅の改札を出て左にすぐの所です。

続きを読む

中国で触発されてブレスレット

ブレスレット

 ブレスレット買いました。パワーストーンというのでしょうか、何か見えない力にも少し期待です。

 中国のビジネス上で出会った方の多くが手に数珠のようなブレスレットをしていました。日本でも少し前によく見ましたが、あれです。「郷に入っては郷に従え」と言います。中国で買う時間はありませんでしたので、日本に帰って来てから買いました。

続きを読む

中国では人より車優先

中国北京市の横断歩道


 中国では人より車優先とは聞いてはいたものの、実際に歩くとそれを強く実感します。

 歩道を歩いていても歩道を横切って敷地内に出入りする車は容赦なく人に突っ込んで来ます。止まらないとクラクションを鳴らされます。それでも止まらないとひかれます、多分ですが。

 アメリカなどと同様、赤信号でも右折はできるので、上の写真のような大きな横断歩道は特に注意が必要です。

続きを読む

北京のマイカー駐車場

北京の駐車場の金具

 北京の街中で良く見た金具です。地面に固定されていて、起こされた状態で施錠されています。

続きを読む

中国鉄路高速(CRH)体験

北京南駅での和諧号

 中国の北京から蘇州まで行く用事があり、中国版新幹線と呼ばれる中国鉄路高速に乗る機会がありました。少し記録しておこうかと思います。北京から蘇州まで5時間。日本でもそんなに長い時間は鉄道に乗ったことがありません。飛行機で上海まで行きそこから鉄道という行き方もあります。でも、時間はそれほど変わらないそうです。また、この時期、天候のせいで飛行機は飛ばなくなることも多いというので5時間の鉄道を選んだ次第です。

 CRHはChina Railway High-speedの略です。無線LANの規格のような高速鉄道の名前です。このCRHは、世界各国の高速鉄道の技術を導入しているのに中国はそれを認めようとしていないなどと言われています。ただ、そういうことを考えだすと楽しめなくなります。今回は純粋に高速鉄道を楽しんでみました。

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
Tobaと言います。あまり役に立たない情報を公開させていただいています。

ブログの枠組みを使用してはいますが、その日の出来事を書くことはまずありませんので、鮮度についてはあまり期待しないでください。

無線関連の記述は別館に多くあります。

Twitterはtoba966ですが、最近の軸足はFacebookです。

メールはこちらまで。お返事できない場合もありますがあらかじめご了承ください。

時々、サイト中の写真の利用についてお問い合わせをいただきます。基本的にはご連絡いただければ商用利用も含めてOKとしています(著作権は放棄しません)。残っていればオリジナルのファイルをお送りすることも可能です。まずはご連絡ください。
最近のコメント
アーカイブ
なんとなくの本