ブログネタ
ニュースあれこれ に参加中!

 特に意識していたわけではないのですが、最近、目に付いたニュースに「パスポート電子申請を9月いっぱいで停止」というのがありました。

 これまでに133件の申請しかなく、なんと電子申請によるパスポート発行では1冊あたり1,600万円も経費がかかっている計算になるそうです。

 電子申請には個人認証のできる住民基本台帳カードや、それを読み取るためのICカードリーダーが必要です。このあたりの敷居が高いのが電子申請低調の理由としてあげられています。

 そういえば、私も確定申告以後、せっかくそろえた電子申請の環境を使っておらず、何か機会が無いか探っていたところでした。1件、1,600万円ものコストをかけてパスポートを発行してもらえるなら得した気分になれます。電子申請してみても良いかなと思い、動き始めました。

 とはいえ、現在は既に有効なパスポートを所有しています。在米中にパスポートの有効期限が切れたので、再発行してもらいました。発行元が日本領事館になっている個人的には少し希少価値があるのではないかと思われるパスポートです(滞在先でパスポートを紛失してもそうなるのかもしれませんが)。

 わざわざ有効なものがあるのに取り直すのも変なので、パスポなびを見ていると、IC旅券への切り替えというのがありました。どうやら最近のパスポートは偽造防止のためICチップが埋め込まれているようです。これならば、有効期限を残したまま電子申請の体験ができそうです。もしかしたら、わざわざ電子申請でIC旅券への切り替えを行う人などいないでしょうから、もしかしたら本機能のファーストユーザになれるかもしれません。

 ということで、実際に手続きを始めるべく説明を読み進めると、なんとパスポートの電子申請に対応している都道府県に東京都が入っていないではありませんか。まさか、そんなことは無いだろうと思っていたのですが・・・。大田区の説明によると、平成17年の秋頃には東京都でも使えるようになる予定だったようなのですが、やっぱり使う人が少なそうということで中止になったんでしょうかね。

 ということで、またも電子申請はおあずけとなってしまいました。でも、実はこのほかに少し考えている申請があります。もし、やることになったら報告したいと思います。