ブログネタ
e-Japan に参加中!

 月曜日の夜に総務省の電波利用に関する電子申請で実施したアマチュア無線の開局申請ですが、水曜日には電子納付の案内がメールされてきました。

 申請には申請手数料がかかります。通常、紙の申請の場合、収入印紙を申請書に貼ることで納付となります。電子申請の場合はというと、銀行からの降り込み(振り替え?)です。ペイジー(Pay-easy)という仕組みを使います。

 案内のメールには申請手数料の納付番号という番号が書かれていましたが、あまり意識する必要はなさそうです。メールの指示通り、「総務省 電波利用 電子申請・届出システム」ホームページにアクセスして申請履歴から該当する申請を選んで電子納付に進むだけです。銀行を選択して、オンラインバンキングで支払いを行ったところ、夜中にもかかわらずリアルタイムで未納付から納入済みに変わりました。銀行への手数料は不要です。私がよく利用している新生銀行やシティバンク、ジャパンネット銀行などはこのPay-easyに対応していないようでした。普段はあまり使用しない銀行から支払ったためパスワードがわからず苦労してしまいました。

 個人的にはクレジットカードで支払いを行いたいです。アメリカでは、税金や交通反則金、郵便料金なんにでもカードが使えます。別にアメリカがいつも正しいというわけではありませんが、うらやましいです。

 電子納付の案内が届いたということは、順調にことが進んでいるということでしょうか。私が最初に申請した20年以上前だと、従事者免許証の申請に1ヶ月、その後の無線局免許状の申請に3ヶ月かかりましたので、とてもスピーディに思えます。楽しみです。また、進展があれば報告したいと思います。