ブログネタ
タウン情報(東京) に参加中!
大井ふ頭野外活動広場

 先日、東京臨海高速鉄道(りんかい線)品川シーサイド駅近くで3時間近く時間をつぶす必要がありました。海も近いので地図とにらめっこしたところ、湾岸線の東京港トンネルの近くに大井ふ頭野外活動広場というものがあるのを発見。バーベキューなどができる場所のようです。

 ここならば海は近いし、東京港トンネルの入り口付近を見学することもできるだろうと、歩いて出発したのですが・・・。

 20年近く愛用している東京のポケット地図でみると歩いてもそれほど距離は無いなのですが、行くまでには思いのほか苦労しました。あのあたりの道路は車が通ることが優先で、歩行者は遠回りしなければならなかったりしないといけないのです。

大井清掃工場

 京浜運河を渡ると右手に品川区の大井清掃工場が姿を現しました。こういう施設を見ると見学したくなっちゃいますね。かなり地上高のある歩道橋から見る大井清掃工場は敷地内が良く見え、私の興味をそそるのでした。

大井ふ頭の一部

 この先が迷いました大井ふ頭の先のほうに曲がっていく車道沿いに歩いていくのが正しいのか、その下に別の道があるのかわかりません。ただ、下に行くとJRの線路を越えられないので上の大きな道を行くしかなさそうです。路肩には大きなトレーラーが停車していて、眼下にはふ頭らしい風景が広がっています。

野外活動広場入口

 結果的にはこちらで正解でした。歩道を降りた所に野外活動広場への入り口がありました。

青空野球場の古い看板

 野外活動広場のすぐ横には青空野球場というのがあって、その看板もありました(かなり古そうです)。

野外活動広場へ通じる未舗装路

 ここから未舗装の道をしばらく歩きます(どうして未舗装なんでしょう?)。途中、横を車が通り抜けていきますが、どうやら野球場で野球をする人たちのようです。車が通るたびに砂埃が上がって大変です。結局行き帰りともにこの道を通ったせいで靴が真っ白になってしまいました。

 私は私で無線機のアンテナを伸ばしてスーツ姿でこの身舗装路を歩いていたのですが、それはそれでかなり怪しい格好だったでしょう。

大井火力発電所

 しばらく行くと見えてきました。1枚目の写真にある大井ふ頭野外活動広場です。確かに自炊できる施設があります。東京港トンネルに入り込む上にあるようです。すぐ隣は東京電力の大井火力発電所で、こちらはこちらで興味がそそられます。ワクワクしながら入り口に向かうと・・・。

野外活動広場閉鎖中

 なんと、閉鎖中・・・。事前申し込みをした人がその日だけ入れるようです。がーん。なんという仕打ちでしょう(後で写真を見るとカギはきちんとされていませんでした)。

湾岸線東京港トンネル入口の側道

 せめて東京港トンネルの近くへ・・・と思ってもフェンスがあって首都高速の脇を走る側道は閉鎖中でした。こういう袋小路の場所は閉鎖しておかないと夜間のたまり場になっちゃうんでしょうかね・・・。残念無念です。

 仕方が無いので、京浜運河まで戻ってきて運河沿いのベンチで時間をつぶしたのでした。

 教訓としては、「事前にきちんと調べてから行くこと」と、「東京の道は車しか通れない道もあるので歩行前提なら注意」でしょうか。