ブログネタ
タウン情報(東京) に参加中!
竹芝桟橋接岸中のかめりあ丸

 恒例となりました、夜のお散歩であります。今回の散歩先は竹芝桟橋。見事なボードウォークがありました。

 もう20年近く前ですが、一度、ここからは大島に渡る船に乗った事があります。でも、こんなにキレイではなかったはず。多分、その後に整備されたのでしょうよくよく調べたら今や竹芝桟橋なんて呼んではいけないようで、竹芝客船ターミナルというのが正しいみたいです。

竹芝桟橋からのベイブリッジ

 ボードウォークから見るベイブリッジレインボーブリッジが素敵です。ベンチもたくさんあって夜景を楽しむにはもってこいですが、遭遇したカップルは二組ほど。実は穴場かもしれません。

さるびあ丸入港中

 ここでフラフラ夜風を楽しんでいたら大きな船が入ってきました。遅いようで結構早いです。そして、そのまま見ていたらすごい光景を拝見することができました。船、それも大型客船の縦列駐車です。

さるびあ丸縦列駐車中(接岸中)

 この時、桟橋にはかめりあ丸という船が接岸中(1枚目の写真)でしたが、そのすぐ前に船が横滑りです。さるびあ丸という東海汽船の船でした。いやあお見事です。あの巨体をぴたりと接岸させるのはまさに神業です。ついつい見とれてしまいました。心の底から感動しました。

さるびあ丸から降りてくる人たち

 帰りはさるびあ丸から降りてきた人たちに紛れて浜松町まで歩きました。IZU SEVEN ISLANDなどと書かれた紙袋を持った人もいましたが、そういう観光客は少なく、どちらかというと仕事で年中往復されている方々ばかりに見えました。

 彼らは皆さん互いには他人ながら、はたから見ると不思議な一体感が漂っていました。長旅をともにしてきた結果でしょうか。なんと、この一行、浜松町までの信号はみんな無視。途中、2台ほどパトカーとも擦れ違いましたが、おまわりさんも何も言いません。というか何も言わせない雰囲気がありました。

 さすがIZU SEVEN ISLAND気質です。

 今回のお散歩では、桟橋と船の魅力を新たにいたしました。間違いなくまた行くと思います。