名栗の鳥居観音

 先日のこと。紅葉美しいであろう有間峠に車を走らせたところ、有間ダムの先から完全に通行止めになってました(平成21年10月15日〜平成22年2月10日)。

 じゃどうしようかと近くをフラフラしていたら観音様が山の上から「おいで、おいで」してました。前回上らなかった鳥居観音です。

広河原逆川林道通行止め

 せっかくなので行ってみることにしました。車を下に止めて歩くと40分。でも500円払うと車で上まで行けてしまいます。時は金なり。悩まず後者を選択。

鳥居観音の車道

 つづら折れというよりは直登に近い道を車で上がります。雪が降ったら上れない感じ。私有地にある車道なのでしょう。

 ほどなくしてさっき「おいでおいで」してくれた観音様の下に到着です。このあたりは墓地(鳥居霊園)としても分譲しているようです。見晴らしの良い墓地です。

 観音様の中には入れると聞いていました。ここまで来て入らない選択肢はありません。一人200円也。

鳥居観音内部のらせん階段

 一番上の展望台(?)まではら旋階段を登ります。ニューヨークの自由の女神に似ています。途中までは何とかすれ違いができる幅がありますが、上に行くと階段は狭くなりすれ違いはできなくなります。最後の最後はハシゴを登って到着となります。

観音様の展望台

 そこはどこかというと、写真の通り、観音様の頭の後ろに張り出した特設展望台。ピラピラのコンクリの下は地上まで何もありません。それを考えると足がすくみます。さらに悪いことにこの展望台、床が若干フェンス側に傾斜してます。

鳥居観音の錆びたネジ

 当然、鉄筋は入っているのでしょうが、何げにフェンスを見るとネジが錆びていたりします。

観音様展望台からの展望

 少しビクビクしながら観音様目線の展望を楽しみましょう。山の上にあるため地上高はあります。でも、そもそも山に囲まれているため新宿の高層ビルが見えるとか富士山が見えるとかといった展望は楽しめません。

観音様の他にもいろいろいっぱい

 メインはこの観音様なんですが、この山の上には他にも不思議な建物が建っていて見所はいっぱいの鳥居観音です。ついついお参りすることを忘れてしまいそう。

鳥居観音の紅葉

 季節がら紅葉を楽しみに来た方々で賑わっていました。ここは北野武監督の「Dolls」の撮影地なのだそうです。もらったパンフレットにそう書かれていました。なんか、それを聞いただけで紅葉がさらに美しく見えるから不思議です。