年末に「ターミナル」という映画を見ました。

 東欧のとある国からアメリカにやってきたのがトム・ハンクス演じる主人公の男性。空港に降り立つや母国でクーデター発生。ビザは無効になって米国入国はできなくなります。かといって母国に帰る飛行機もないため空港内に留め置かれることになってしまいます。英語は話せません・・・。

 こんなシチュエーションの中ストーリーが展開する映画です。ロードショーの時から見たかった映画でしたが、結局今ごろになってしまいました。

 どこにでもいるんだなぁと思わせるのがことなかれ主義のお役人。彼の置かれた状況とはなるべく関わりたくないと思いつつ、なかなかうまく行きません。

 最初は彼のことを怪しんでいた空港で働く人たちが、次第に彼にひかれて行く展開は見応えあります。最後には役人の一部の心も掴んでしまいます。

 ひたむきにコツコツやって、その結果、敵だった人まで味方にしてしまう、こんな生き方にとても憧れます。