先日テレビをながら見していたら、フランスにはフレンチドレッシングは無いという話をやっていました。結局のところ、外国の食文化が国内に入って来るとその国に応じた適用をするのではないかと思います。

 例えば、アメリカで寿司といえば日本食で通っていますが、それでもカリフォルニアロールと呼ばれるアボガド寿司が普通に流通していたりします。日本には無かった寿司ネタです。最近、このアボガドを使った寿司はくら寿司の「えびアボガド」に代表されるように逆輸入されてきてるのかなとは思ってますが。

 さて、そんなアメリカで一般に日本食として通っているものにHIBACHIというのがあります。最近ふとYouTubeで動画を見つけたのでこうして書いていたりします。HIBACHIはおそらく火鉢なんでしょうが、鉄板焼のお店のことです。鉄板の周りをお客が囲み、シェフがパフォーマンスを交えて焼き物を提供してくれるお店です。日本で鉄板焼といえばお好み焼きとかもんじゃのように庶民的なものか、逆に高級ステーキを焼いてくれる高級店のどちらかになるかと思います。HIBACHIでは安くは無いけれど高すぎもしない価格で焼き物を楽しむことが可能です。

 どんなパフォーマンスをしてくれるのかは上の動画を参照してみてください(長いので最後まで見ないでも良いです)。私もこの手の店には何度か足を運んだことがあります。こちらにその時の記事が残ってました。

 せっかくなので今回はYouTubeの動画を中心に書いてみます。2番目の動画、これはHIBACHIの定番、Volcano(1番目の動画にもありました)。火を見ると興奮するのは古今東西変わらないようで・・・。でも、日本のレストランではいつもこんなことをしていると思われてないか心配です。食べ物を粗末に扱ってはいけません(笑)。

 だから、食べ物を粗末にしちゃいけません・・・て。

 この動画ように「Amazing Chef」というタイトルなら納得なんですが・・・。YouTubeで「Japanese Chef」を検索するとかなりの数のこのHIBACHIのシェフが出てきます。もしかして、アメリカではあの人たちは日本人と思われているんでしょうか・・・。確かにアジア系の顔立ちの人が日本食レストランをやっていることは多いです。でも、本当に日本人ってことはかなり稀なのが実情です。

 アメリカにはアメリカンコーヒーは無いそうなのでお互い様といえばお互い様なんですが、なんかしっくりこないとも感じています。