NEX-F3

 今日は朝から野田幹子の「太陽・神様・少年」がヘビーローテーション。ミノルタα-7000のCMに使われてましたよね(わかる世代にはわかるはず)。なぜかっていうと、ミラーレス一眼を買ってしまったからです。SONYのαシリーズNEX-F3です。

 忙しい時は煩悩も抑え込めているのですが、GWになって少し余裕が出てきたら突如としてもたげてきましたよ、物欲。どういうわけでカメラが欲しくなったのか定かではないのですが、ミラーレス一眼が欲しくなってしまったのでした。

 最初、キャノンのEOS Mが良いなと思いました。ところが、触ってみたらオートフォーカスが遅すぎ。ちょっと耐えられなかったので、別製品を物色。新製品を買うと高くつくので、新製品が出て古くなった一つ前の型を中心に探していったら、たどり着いたのがSONYのNEX-F3。ところが、これもほぼ在庫はつきてしまったようでなかなか良い値段では見つかりません。結局、ヤフオクで安く買わせていただきました。

 買ってから気づきましたが、まさかSONYのカメラを買うことになるとは思わなかったです。SONYのデジカメが悪いわけではありません。私の考えが古いので、カメラは昔からフィルムのカメラを作っていたメーカーじゃないの安心できないだけです。ただ、このNEX-F3はαシリーズ。そう、SONYとはいえ、マインドはミノルタでは? α-7000で一眼レフのオートフォーカスが出てきたときの衝撃は正直大きかったです。

 ちょっとだけいじりましたが、よくわからないです・・・。35mmの一眼レフであればレンズの焦点距離と絞りの組み合わせからどんな写真になるかがイメージできるのですが、その知識はほぼ役に立ちません。一眼レフといえば、いつも絞り優先で撮影していました。ところが、NEX-F3ではその絞りもレンズでは設定できません。結局、自動のモードで撮影することが多くなってしまいそうです・・・。

 1年前の機種なので、いまさらレビューというわけでもありませんが、気が向いたら写真はどこかに公開してみるつもりです。