アトリックスもニベア同様、ニベア花王の製品だったとは知りませんでした・・・。

 今でこそハンドクリームと言えば色々な種類があります。しかし、私が子供の頃といえばニベアかアトリックス。「どっちが好きかで派閥があったよね」なんて話を同世代の方としたのが昨年末でした。「そういえば、最近アトリックスを見ないね」で正月休みに突入したので、休み中にイオンで見てきました。

 最近見ないというのは単なる誤解でした。普通にニベアの青い缶の隣には昔ながらの緑と黄色の缶のアトリックスが並んで販売されていました。

 ついついうれしくなってアトリックスの缶を手に取ってみたわけです。そして何気なく裏面を見た時に見たのが花王の文字。後で調べたら、ニベアもアトリックスも同じ会社の製品でした。ニベア花王という、ドイツのバイヤスドルフと花王の合弁会社でした。

 つまり、子供の頃、ニベアかアトリックスかで議論になっていたのは、カローラレビンにするかスプリンタートレノにするのか悩むのに近かったようです。マーク兇チェイサーかクレスタか、でも良いです。ちょっと話が古いので、最近の人向けにすると、ヴォクシーにするかノアにするか悩むようなもの。まあ、ニベアとアトリックスはメーカーは同じでも成分は異なるので例えとしては良くないかもしれません。でも、どちらにせよ同じ会社の製品を買うという点では似ているかと思います。

 私はアトリックスが好きでした。水には弱いものの、ニベアのようにべとつかずすぐにさらっとする点が好きでした。皆さんはニベア派? それともアトリックス派?