毎日がレビュー

埼玉県所沢市出身で東京都清瀬市在住の人間がどうでもよいことを書いてます。毎日毎日がおさらい、レビューです。トラックバック、コメント、リンクいずれも大歓迎。

トイレ

水洗トイレの部品交換

ダイヤフラムTH405S

 ネットの情報により、これまでは専門家でなければできなかったようなことが素人でもできるようになってきていると感じてます。

続きを読む

有料トイレってどうなんでしょう

有料トイレ

 先日、軽井沢で見た有料トイレです。100円でメダルを買い、そのメダルでトイレに入る仕組みです。

 トイレの維持にはそれなりにお金がかかり、それを受益者に負担してもらおうという考え方はよく理解できます。でも、その当事者が自分になると何となく拒否したくなるのも事実です。結局、この時は無料のトイレまで我慢してしまいました。

続きを読む

男性用便器の特許(第4685130号)

特許第4685130号の説明

 特許って奥が深いな、やっぱり。以前、はま寿司の男性トイレで見た説明です。特許第4685130号として登録済みとか。

 男性が用を足す際にいかにして一歩前に立たせるかは、おそらくトイレができて以来の永遠のテーマ。一歩前に出てくれさえすれば、便器周りの汚れが減るわけですが、なかなか実現できていない現実があります。

 以前、紹介した便器内の氷や、トイレの的などのほかにも標識で語りかけるものがあります。「いつも綺麗にお使いいただき、ありがとうございます」使う前からお礼して使用者の良心に訴えかけるもの。「一歩前へ、君のはそんなにデカくない」公衆トイレなどで少し上から目線でさとすもの。「(前半部は色々ありますが)外に漏らすな松茸の露」で終わる格言めいたもの。

 梅宮辰夫さんでも話題になった男性の座りションも、この防止策の一つ。

続きを読む

インドのトイレのシャワー

インドのトイレ

 先日のインドのホテルにあったトイレです。一見日本の洋式トイレと変わりませんが、少し座るポイントは高め。トイレットペーパーも普通。それなりに高めなホテルなのでインドらしさは無いかと思いきや、左奥に見慣れないものが・・・。

続きを読む

パーソナルスペースを無視したトイレ

とても近い男性用トイレ

 本日入った居酒屋のトイレにかなりびっくり・・・。

続きを読む

トイレのココ

トイレのココ

 最近は男性でも座って小用を足すことが多いと聞きますが、それは跳ね返りがあるからです。

 以前、「男性用トイレ便器の氷」というのを書きました。あの頃から話にありましたが、トイレの便器に標的を作っておくと跳ね返りが少ないとか。上の写真はとある駅の男性用トイレ便器です。今まで無かったのですが、ある日から便器に「ココ」という目印が付きました。

続きを読む

新大阪駅トイレの張り紙

新大阪駅トイレの張り紙1

 また、大阪の話で恐縮です。

 新大阪駅のトイレの中で見た張り紙の話です。いつになく手ぶれさせてしまい、文字が読めないのですが、入ってすぐのところには「差別につながるような落書きはやめましょう」の意味の注意書きがありました。そういう注意書きをしなければならないくらいの何かがあるのでしょうね・・・。初大阪の私にはよくわかりません。

続きを読む

山のトイレ

ブログネタ
山登り に参加中!
武甲山頂のトイレ

 山に行った時にはその辺で用を足すというのが一般的だった用に思うのですが、最近では山頂にでさえトイレが設置されている場所があります。

 まず、最初が武甲山に行った時に山頂にあったトイレです。微生物や活性炭の力を借りて自然を汚さないよう配慮されたトイレだそうです。もちろん、雨水も使用しています。すごいですねえ。

続きを読む

東武百貨店池袋店のお子様専用トイレ

ブログネタ
子育て に参加中!
東武百貨店池袋店のお子様専用トイレ

 池袋駅では駅の東側に西武百貨店が、西側に東武百貨店があります。普段はあまり東武百貨店には行かないのですが、たまに行ったらすごいトイレがありました。お子様専用トイレです。

 その名の通り、お子様が自分で用を足すために作られています。

続きを読む

トイレの芳香剤に名前

ブログネタ
写真日記 に参加中!

トイレの芳香剤に名前

 とあるスーパーのトイレです。洗面台の横には芳香剤が置かれています。そして、その芳香剤にはそのスーパーの名前がマジックペンで書かれています(意図的にぼかしてますので文字は見えません)。

 今までもこういう光景は目にしてきました。あまり気にしてはいませんでしたが、よくよく考えたら何で名前を書くのでしょう? そんな必要は無いように思うのですが・・・。

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
Tobaと言います。あまり役に立たない情報を公開させていただいています。

ブログの枠組みを使用してはいますが、その日の出来事を書くことはまずありませんので、鮮度についてはあまり期待しないでください。

無線関連の記述は別館に多くあります。

Twitterはtoba966ですが、最近の軸足はFacebookです。

メールはこちらまで。お返事できない場合もありますがあらかじめご了承ください。

時々、サイト中の写真の利用についてお問い合わせをいただきます。基本的にはご連絡いただければ商用利用も含めてOKとしています(著作権は放棄しません)。残っていればオリジナルのファイルをお送りすることも可能です。まずはご連絡ください。
最近のコメント
アーカイブ
なんとなくの本